10月3日ミュージカル「びっくり理一郎」の制作発表を 美郷町坂本東獄邸で行いました
2017/10/3
広報宣伝室
あきた芸術村 劇団わらび座
ニュース

あきた芸術村・冬の小劇場公演
ミュージカル「びっくり理一郎」~坂本東嶽とやす・秋田が生んだ最強夫婦の物語~
の制作発表会見を 本日10月3日 秋田県・美郷町の坂本東嶽邸にて行いました。

制作発表会見ではわらび劇場支配人・山川優子より制作に至る経過の発表の後、
美郷町・松田知己町長および福田世喜教育長より 美郷町の「坂本東嶽」の初の舞台化への
力強い期待の言葉が寄せられました。

脚本・演出の栗城宏は 江戸から明治の転換期を駆け抜けた坂本理一郎と妻やすの泣き笑いの物語の一部を語り、
坂本理一郎役の笠倉祥文さん(芹川事務所)は東嶽役への大きな期待を膨らませて東京から参加。
妻のやす役の丸山有子、まり役(ダブルキャスト)高田綾と地元美郷町出身の髙橋真里子は、それぞれの役への意気込みを語りました。

最後に台本の最終場面の「未来へ続く道」を4人で朗読。

「びっくり理一郎」は 12月3日から 3月18日まであきた芸術村・冬の小劇場で上演されます

皆様どうぞご期待ください。


  

2017年のニュース一覧

Share with